伊勢神宮 御影内参拝

伊勢神宮の御影内参拝ってご存知ですか?

正式参拝や特別参拝と言われる事もあります。

一般参拝はみとばり(白い布)の前で参拝します。

御影内参拝はみとばりの中に入れて頂き参拝が出来るのです!

f:id:onsenneko:20181122082039j:image

みとばりの中も広いのでランクによって参拝出来る位置も違います…

私たちはみとばりの一歩なか。ランクによってもっと奥まで行けるみたいです。

それでも貴重な体験でした😺

 

ガイドブックやテレビなどでも紹介されない

御影内参拝はハードルが高い!

 

まず御影内参拝は、参宮証を手に入れる必要があります。手に入れる方法は主に2つ。

伊勢神宮崇敬会の会員になる

式年遷宮の寄付をする

 

伊勢神宮崇敬会の会員になる

伊勢神宮崇敬会の入会はこちらのHPから

http://www.jingukaikan.jp/sukeikai/kaiin.html

準備会員3000円から入会できます。

準備会員は1回のみ。他の会員は1年間何度も御影内参拝が出来るみたいですね。

私は遠方でなかなか行けそうにないので、式年遷宮の寄付をしました。

 

式年遷宮の寄付をする

外宮もしくは内宮の神楽殿で、式年遷宮の寄付を申し出て初穂料を手渡します。

用紙を渡され寄付金額を書くのですが、先に0が3つ書き込まれています。

最低1000円以上のお気持ちです。

あくまでも参宮証は、式年遷宮の寄付のお礼です。

御影内参拝をしたい。と申し出ても厳しい神職さんだと、そんなものはない!と追い返される可能性もあります。

 

御影内参拝のハードルが高い理由は、ドレスコードがあるから!

 

参宮証にも、男性は背広・ネクタイ、女性はスーツ等フォーマルな服装でご参入下さい。と記載されています。

 

ググると女性は、結婚式のフォーマル服では拒否された!ジャケットが必要!などいろんな体験談が見つかります。

折角行って拒否されるのは辛いので、私は礼服で臨みました。

 

ドキドキながら神楽殿

先に若いカップルが寄付の受付をしていました。2人ともリクルートスーツでした。

しかしながら男性の方は、今回はいいけど本来は…と注意を受けていました😰

やはりドレスコードきびしー!

f:id:onsenneko:20181123195221j:image

不安の中、順番が来て受付…。

礼服はすんなりクリアでした。

カップルは男性がネクタイを結び直していたので、ネクタイに問題があったようです。謎。

 

そんなこんなで手に入れた参宮証

f:id:onsenneko:20181123200302j:image

f:id:onsenneko:20181123200305j:image

外宮、内宮のスタンプは御影内参拝をした時に押されます。

 

観光で訪れる場合、スーツや礼服を持ち運ぶのは大変ですよね😓なかなかハードルが高い。

私はヤマトの往復宅急便を利用しました。

行きも楽ですし、帰りもお土産パンパンに詰めて意外に便利でしたよ。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/bothways/

他にも観光案内所からお宿へ配送して頂けるサービスもあるようです。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/smp/customer/send/services/hands-freetravel/index.html

 

それでは、いざ!参拝へ!